コロナウイルス蔓延の渦中でひっそりと46年の歴史に幕を閉じた内みのわ運動公園の市民プール


君津市民にとって思い出の多い内みのわ運動公園の市民プールが昨年の営業をもって終了となりました。

ホームページに理由が掲載されていました。

2020.04.01
内みのわ運動公園市民プールでは、昭和49年にプールを開園して以来46年の間ご利用いただきましたが、施設の老朽化により、令和2年4月1日で閉園いたします。
理由としまして施設が老朽化している中、去年8月に原因不明の漏水が発生し、通常の水位を維持できなくなったこと、流水プール槽底面に起伏が見受けられ、お客様の安全を確保することが困難となったことにあります。
また、プールを継続していくには設備、機械の全面的な修理、改修が必要です。
このような事情から、プールを継続していくのは大変難しい状況です。
閉園するにあたり皆様のご理解をお願い申し上げます。
長い間ご利用いただきましてありがとうございました。
出典:指定管理者 三幸株式会社 

プール入口には終了お知らせの看板がありました。2020年5月12日撮影

情報を掲載したところ市民からは終了を悲しむツイートが寄せられました。


スタッフも子どもの頃に行った思い出や、大人になってからは娘を連れて行った思い出がある場所です。自動販売機で売っているカップラーメンはもう食べられないのですね、、残念。