今年のやっさいもっさいはオンライン開催!?


毎年8月14日に開催されている木更津港まつりのやっさいもっさいですが、今年(2020年)は新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止との発表がありました。

主催者や関係者のSNSで発表がありました

そんな中、今年のやっさいもっさいはオンラインで開催との情報がSNSで入ってきました。

木更津市と袖ケ浦市でパソコン教室を経営している「地域の学びステーション エスタ」さんのFacebookページで「やっさいもっさい、オンラインで開催します!」と発表がありました。
また木更津市で活動している団体「勝手に木更津応援団」さんのFacebookページにもオンラインで開催との記載があります。

地域の学びステーションエスタFacebookページ

勝手に木更津応援団Facebookページ

既に専用ホームページも完成??

エスタさんのFacebookページの画像にURLが記載されていました。クリックしてみると既に専用ページ「準備中|勝手にやっさいもっさいオンライン祭り」が公開されています。
参加登録の受付けは先着30チームで7月16日~のようです。

どのようにオンラインで開催するのか詳しくはわかりませんが、ホームページを見る限りでは各チームが踊りの動画を投稿しWEB上で公開するようです。
アクアコインなど豪華賞品もあるみたいですね。

主催:勝手に木更津応援団
共催:地域の学びステーション木更津応援隊
後援:木更津市/木更津市教育委員会/木更津市観光協会

やっさいもっさいレクチャー動画
やっさいもっさいとは?

Wikipediより
やっさいもっさいとは、千葉県木更津市を代表する踊り。毎年8月14日には、木更津港まつりのイベントのひとつとして「やっさいもっさい踊り」が木更津駅西口の「富士見通り」で行われる。
元々は木更津甚句の囃子言葉の一種で、「そこのけそこのけ」という意味がある。矢那川の上流にある船着場の「矢崎」「森崎」(やさきもりさき)が訛って「やっさいもっさい」となったとする説が有力である。また、掛け声の「おっさおっさ」とは、これも木更津甚句の囃子言葉の一種で、「おお、そうだよ」と同調する意味がある。


こちらの記事も人気です