東京ドーム1個分!君津市に広大なトマト栽培施設を建設中

君津市上湯江にキッコーマングループによる超広大なトマト栽培用の温室を建設中です。

以下のような記事が出ていました。

キッコーマングループの日本デルモンテアグリ株式会社と、カズサの愛彩グループが出資する「株式会社君津とまとガーデン」は、千葉県君津市に生果トマトを栽培する太陽光利用型植物工場を、4月3日に竣工する。
キッコーマングループ、オランダ式の太陽光利用型植物工場「君津とまとガーデン」を竣工キッコーマングループ、オランダ式の太陽光利用型植物工場「君津とまとガーデン」を竣工
君津とまとガーデンは、オランダの先進的な施設園芸技術を導入した、最新のオランダ式太陽光利用型温室で、高度な環境制御を行い、年間を通じて高品質なトマトの安定生産を行ってまいります。
新施設は、大型天窓、細霧冷房、遮光剤塗布、夜間除湿冷房等を採用し、従来難しかった夏場の暖地での施設トマト栽培が可能になります。
首都圏市場への至近の好立地を活かし、一年を通した安定供給へのニーズにお応えしてまいります。
出典:植物工場・農業ビジネスオンライン

「デルモンテ」ブランドのトマトの水耕栽培などを手掛けるアグリアドバンス(君津市)は飲食・サービス業に参入する。4月、レストランや直売所を併設した複合施設「愛彩畑」を君津市に開業。JTB子会社と組み、飲食や収穫体験などが楽しめるツアーを企画して観光客を呼び込む。6次産業化を進め付加価値を高める狙いで、初年度に14万人超の来場を見込む
出典:日本経済新聞

取材スタッフも現地に急行し、その巨大な建設中の施設を撮影してきました。
田園だったところに大きな骨組みが作られていました。
どのような施設になるか、今後が楽しみです。

 
 

こちらの記事も人気です