8月15日 木更津でサプライズ花火が打ち上がりました。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止となった2020年の木更津港まつり花火大会。
毎年行われていた8月15日(今年は東京オリンピックの影響で9月20日の予定でした)にサプライズで10分間300発の花火が打ち上がりました。

市の広報によると

“8月15日(土曜)安心安全祈願花火を打ち上げました!!”
 8月15日は、木更津港まつり花火大会が行われる予定でしたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。
 今回の花火は、恒例行事である木更津港まつりが中止となったことから、花火大会の例年の開催日に合わせて、「共栄運輸株式会社(代表取締役 平井秀幸)様」がスポンサーとなり、木更津港開発に尽力された先覚者の霊を慰めるとともに、重要港湾としての木更津港の振興、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い、市民の皆さんに元気と希望を届けるため、また、新型コロナウイルス感染症の治療に取り組む医療従事者への感謝と敬意を込めて、10分間で約300発の花火を打ち上げました。
出典:木更津市Facebookより

市の防災行政無線で市民には事前に告知

市内に設置されている防災行政無線で市民には告知があったようです。

SNSには花火の画像や動画がたくさん

残念ながらきみつネットスタッフは情報を事前に入手できなかったのですが、ツイッターのタイムラインにサプライズ花火の様子が次々と投稿されました。


こちらの記事も人気です