追突事故の多い127号八重原交差点で行われる安全対策工事とは?

4市の中でも事故が多い事で知られる国道127号線の八重原交差点(マクドナルド君津店やガスト君津店のある交差点)
近々、交通安全対策の工事が行われます。

右折車の車列に走行車線の車が追突

朝、夕のラッシュ時に木更津方面や富津方面から右折する際、渋滞をすることが多く右折レーンの車が走行車線にはみ出してしまい追突事故が多発。
また見通しの悪さから右折時の事故も多く早急な対策が必要でした。

出典:国土交通省 関東地方整備局

交差点のGoogleストリートビュー
右折レーンに大型車がいると反対車線から来る車はほぼ見えませんね(^_^;

交差点に工事の看板が設置されています

今回の工事では右折専用のレーンを整備し追突事故や右折の事故を減らします。
ちょうど現場に看板が設置され、わかりやすいイラストで描かれていました。
これが実現すると対向車の視認性が良くなり事故が減りそうですね。

拡大写真

現状で工事がいつから始まるか不明ですが、看板が設置されていることからも来年には行われるかもしれません。
これから師走にかけて交通量も増え交通事故が多発します。
ドライバーの皆さんは日ごろから安全運転を心がけて運転をしましょう。

国道127号八重原交差点


こちらの記事も人気です