【内房線3月ダイヤ改正】房総半島を南回りで!?木更津から上総一ノ宮までの直通列車が登場

JR東日本より2021年3月のダイヤ改正が発表になりました。

画像出典:JR東日本プレスリリース

プレスリリースによると、一部の列車で日中の時間帯を中心に木更津駅と外房線の上総一ノ宮駅間を運行する列車(安房鴨川経由)が始まるようです。
房総半島を南回りで上総一ノ宮まで行くのには、内房線を館山方面に下り、安房鴨川で一度乗り換えが必要でしたが、今回の改正で乗り換え不要の直通運転をする列車が登場します。

なお、この列車は先日発表になった新型車両(E131系)によるワンマン運行です。

上総一ノ宮まで約140キロ、3時間程度か?

スタッフが距離を調べたところ木更津駅から安房鴨川駅経由で上総一ノ宮までは138キロほどありました。
現状のダイヤで乗り換えをして行ったとして3時間40分ほどかかります。
直通になればもう少し早くなるかもしれませんね。

画像出典:JR東日本プレスリリース

通常、木更津からから上総一ノ宮まで鉄道で行く場合、上り列車に乗って蘇我で外房線に乗り換えるのが最速です。
南回りでなかなか行く事はないと思いますが、ちょっとした旅気分で乗ってみても楽しいかもしれませんね。

なお今回の改正で内房線は15時〜19時台に千葉〜上総湊間で1時間2〜3本と運行本数が増えるとのことです。


こちらの記事も人気です